最高気温も20度を超える日が多くなり、暖かい日が多くなってきてすっかり春らしくなってきました。
4月も中旬になり、お花見シーズンも終わりですね。
だがしかし、まだ今週末見ることが出来る中国地方が誇る桜が岡山県真庭市にあります。
それが、樹齢約1000年の醍醐桜です。

毎年たくさんの桜の木を見るのにマンネリを感じませんか


お花見スポットはいっぱいあるけど、ここの桜は定番のお花見スポットは人が多かったり、行き尽くして飽きてしまったりしてませんか?
また、桜の木は普段の通勤、通学風景の中で見ることが出来るので、わざわざ休日に見に行かなくてもしれないと思うかもしれません。
普通の花見って、人数集まってお酒やつまみを持ち寄ってみんなでがやがや楽しく飲むのは楽しいと思います。
ちょっと寒いのもまた乙だと思ってます。
しかし、田舎だと交通手段は自家用車に限られて、飲めない人とか、駐車場問題で大変です。
だから、俺はこじんまりやるのが好きです。
ってことで、花見でなくて一種の観光ということで、車で巨大な桜の木を見に行くことを提案します。
桜見に行きたいけど、予定合わないとか、一人行動好きな人とか、特にお勧めです。
IMG_2327

20170408104515
醍醐桜の由来は、鎌倉時代の末期に、後醍醐天皇が隠岐に流される際に立ち寄り、称賛したと伝わるのが名前の由来です。

20170408104808
私が行ったときの4月8日には、丁度桜の開花日で殆ど咲いてませんでした。4月12日が満開で、今週末16日まで見頃のようです。
他に一万円札の原料であるミツマタの木もあり、綺麗でした。
IMG_2352
地元のおばあちゃんがこんにゃくを作っています。大きな窯に入れていましたが、熱くないのかなーと思ってみていました。

20170408111511
風景がのどかです。普段都会で忙しくしている人は、この雰囲気だけでも安らげます。
IMG_2356
写真撮ってないですが、地域で採れた物など売ってたりします。
若い女の子は掘り出し物の可愛いイヤリングを買ってました。

アクセス方法


花見のシーズンだけであると思うが、交通統制がしっかりとなされており、車幅が一台しかないところも、対向車が来ることなく着くことが出来ました。
山陰から来られる方は湯原ICで降りて、313号線を進んでください。
広島、関西方面の方は北房ICで降りて、313号線を進んでください。
なお、駐車場代500円がかかります。